がんセンター

がんセンターとは

 高齢化社会を迎えた現在、悪性腫瘍の治療は国民的課題となってきました。「がん」の対策は (1) 予防・早期発見 (2)治療 (3) 緩和医療 に分かれますが、いずれの分野も大きく発展してきました。それは、個々の治療方法の発展のみでなく、以下の点が大きく進化したのが最近の特徴といえます。

  1. 1) 説明と同意(インフォームドコンセント)
  2. 2) 患者の自己決定とセカンドオピニオンの推進
  3. 3) 最適治療の標準化・均てん化
  4. 4) 客観的な根拠のある治療の推進(EBM: evidence based medicine)
  5. 5) 集学的治療・チーム医療の推進
  6. 6) 低侵襲治療と QOL (Quality of Life) の重視
  7. 7) 最新治療の積極的な導入と臨床試験
  8. 8) 情報開示
  9. 9) 治療における倫理の重視
  10. 10) がん登録
  11. 11) 緩和医療

近年のがん医療は、1日でも長い生命を目指すばかりではなくQOL をも重視し、治療を患者自身が選びそれを客観的に評価する、という方向へ大きな変革をとげました。
すなわち「がんセンター」とは、かつて各科で個別に行っていた治療を、上記の視点から統括する大きな部門です。
当院がんセンターも、チーム医療としてがん診療を実行し、状況にあわせた最適な治療を目指すための組織です。したがって、医師・看護師・薬剤師・ケースワーカーなどを含む多くの職種ががんセンターを構成しています。

 

センター長より

センター長
センター長
   湯川 真生

 

 近年我が国は高齢化社会に突入しており、大勢の人々が様々な疾患に罹患し、色々な治療を受けながら生活している訳ですが、中でも“がん”は死亡原因の第1位であり、その治療の過程では、精神的、肉体的、経済的、あるいは社会的に大きな負担をともなう事が多くなっています。この状況に対し、質の高いがん医療を全国に普及するために政府が推進している数多くの対策の中の一つが、がん診療連携拠点病院の制度です。近畿大学医学部奈良病院は平成20年に地域がん診療連携拠点病院の認可を受け、がん診療の充実を図って参りました。平成26年には、さらなるがん診療の充実を目的としてがんセンターを設立いたしました。 以下にその特徴を簡単に紹介いたします。

 

近畿大学医学部奈良病院がんセンターでは


1. 診断・治療は臓器、疾患別ユニットで対応します。それぞれのユニットはその疾患に関係する内科医、外科医、放射線治療医、病理医などで構成され、各患者様の治療方針を検討し、治療を行います。受診した科による治療方針の微妙な違いがなくなり、患者様の状況に最適の治療方針を速やかに決定できます。たとえば、胃癌の手術目的で消化器外科に紹介された場合でも、ユニットでの病状の詳しい検討により、消化器内科での最新の内視鏡治療の適応が判明する事もあります。


2. がん相談支援センターや緩和ケアチームを包括しており、専従の専門看護師、認定看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー等が、初診から退院後まで患者様やご家族の精神的あるいは社会的なサポートを継続して提供できる体制が整っております。がんの診断・治療に対する不安や疑問の解消、セカンドオピニオンの手配、在宅医療のセットアップ、地域医療機関との密な連携など、通常の診療で不十分となりがちな部分を埋める役割があり、気軽なご相談をお待ちしています。


3. 市民公開講座を定期的に開催しています。がん予防等の広報活動を、今後さらに積極的に進めて参りたいと思っております。院内及びホームページでの告知をご参照下さい。


4. がん地域連携パス等による地域医療機関との密な連携を広げていきたいと考えています。また、上記 1. 2. を統括した会議を定期的に開催し、患者様と地域のニーズに細かく応えていきたいと考えています。今後ともご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

<< 前のページに戻る

近畿大学医学部奈良病院
630-0293 奈良県生駒市乙田町1248-1
TEL 0743-77-0880
E-mail: info@nara.med.kindai.ac.jp