病院のご案内

概要

病院名 近畿大学医学部奈良病院  
所在地 〒630-0293 奈良県生駒市乙田町1248番-1
電話番号 0743-77-0880
病床数 518床
診療科

循環器内科 消化器内科  呼吸器・アレルギー内科
血液内科 腫瘍内科  メンタルヘルス科  放射線科  麻酔科

消化器外科  心臓血管外科  整形外科・リウマチ科  産婦人科
小児科  小児外科 脳神経外科  眼科  耳鼻咽喉科
泌尿器科 皮膚科  形成外科・美容外科  歯科口腔外科
呼吸器外科 神経内科 救命救急科  病理診断科
乳腺・内分泌外科 腎臓内科 内分泌・代謝・糖尿病内科
末梢血管外科 緩和ケア科

病院長挨拶

院長
病院長  井上 雅智

 2014年4月1日より病院長に就任しました井上雅智です。患者様の様々なニーズにお答えして、患者様の立場に立った医療を提供できる病院にしていきたいと思っておりますのでよろしくお願い申し上げます。
 さらに新しいこととして、4月1日よりがんセンターを設立いたしました。
 当院は1999年10月の開院以来、救命救急センターを運営しており、奈良県下で3番目の3次救命救急センターとして地域の救命救急医療に貢献しております。また、昨年には災害拠点病院として迅速な対応ができるようDMATを編成しました。
 2009年4月には心臓・血管センターを開設し、循環器系疾患患者様に対しより迅速かつ的確な治療を提供できるようになっております。またモービルCCU(心臓・血管疾患専用ドクターカー)を運用し、一般の救急車では搬送できないような重篤な患者様の搬送も行い、地域病院との連携を高めております。
 そして、当院第3番目のセンターとしてがんセンターを立ち上げました。2008年に地域がん診療連携拠点病院の指定を受け、がん診療の充実を図って参りましたが、今までの診療体制ではがんの治療方針に科別にずれが生ずる可能性がありました。そこで今回のセンターを設立し、がん関連診療科の連携を強め、初診時から患者様の精神的および肉体的苦痛のサポートをおこないつつ、迅速に的確な治療を提供できるようになりました。
 当院には27の診療科があり、ほとんどどのような疾患にも対応でき、専門性の高い先進医療を提供するよう努力しております。さらに大学病院の使命として、医師や看護師の学生実習の指導を行い、また、初期研修医の指導にも積極的に取り組み、医療関係者の育成につとめております。
 この近畿大学医学部奈良病院は生駒市の緑豊かな丘陵にあり、生駒山や信貴山の見晴らせる景観のよい病院です。そして、「患者本位の開かれた病院として、安全で質の高い先進医療を提供する」ことを理念として職員一同一丸となりその実践につとめておりますので、皆様の今後ますますのご支援をよろしくお願い申し上げます。


法令による指定・承認

・生活保護法指定医療機関
・労働災害法指定医療機関
・地方公務員災害法指定医療機関
・原爆被爆者援護法(一般医療)
・母子保健法指定医療機関(養育医療)
・児童福祉法指定医療機関
・障害者自立支援法による指定自立支援医療機関
・養育医療
・更生医療
・精神通院療法
・消防法による救急医療(救急病院)
・老人保健法による医療機関

病院沿革

・奈良病院 病床数推移表
平成11年10月1日 開院 200床 3A〜3D病棟・NICU・救命センター・開棟
平成12年5月1日 250床 4B病棟・ICU開棟
平成13年5月1日 300床 4A病棟開棟
平成14年6月1日 360床 4C病棟開棟
平成15年5月1日 418床 4D病棟開棟
平成21年5月1日 470床 5A病棟開棟
平成21年7月1日 467床
平成23年5月1日 518床 5B病棟開棟


平成15年度 地域災害拠点病院(平成16年3月)
平成17年度 腫瘍内科(平成17年4月)
通院治療センター運用開始(平成17年4月)
平成19年度 地域がん診療連携拠点病院(平成20年2月認可)
平成21年度 呼吸器外科(平成21年7月)
神経内科(平成21年9月)
平成27年度 腎臓内科(平成28年1月)
内分泌・代謝・糖尿病内科(平成28年1月)
末梢血管外科(平成28年1月)
平成28年度 緩和ケア科(平成28年4月)

施設基準

はじめに、入院患者様の平均在院日数が18日以内で、入院患者様7人に対し1名以上の看護職員(日勤・夜勤含めて)が看護を行っております。
※当院では、「付添看護(家政婦等)」は、認めておりません。なお、ご家族の付き添いについては、医師が治療上必要とした場合、必要最小限許可されることがあります。
※当院の入院患者様に提供する食事は、「入院時食事療養(T)」 で実施しております。
管理栄養士によって管理された食事が、適時・適温で提供され、必要に応じて「栄養指導」(入院・外来)も行っております。(食事時刻(朝)7:30(昼)12:00 (夕)18:00)
また、この他に各病棟の食堂において、食事をしていただくこともでき、昼食と夕食については、献立を選ぶこともできます。(選択についての特別の費用負担はありません。)

当院では、診療報酬(医療費)の加算として次の施設基準等を近畿厚生局に届け出て、実施しています。

一般病棟入院基本料1(7対1入院基本料)
入院患者様の平均在院日数が18日以内で、入院患者様7人に対し1名以上の看護職員(日勤・夜勤含めて)が看護を行っております。
療養環境加算
最適な入院を保証するために、1床当たりの平均床面積が8平方メートル以上確保されています。
ハイリスク妊婦管理加算、ハイリスク分娩管理加算
合併症のある妊産婦の患者さん管理のための産科・婦人科に従事する専任の常勤医師・助産師を配置し、また、緊急の分娩に対応できる体制および設備が整備されています。
がん診療連携拠点病院加算
厚生労働省「がん診療連携拠点病院の整備について」に基づき、がん診療連携拠点病院の指定を受け、がん診療を行なうにつき十分な体制を有しています。
診療録管理体制加算2
診療記録の管理について基準どおりの管理を行っています。なお、患者様の希望に応じて診療記録の情報提供を行っております。
運動器リハビリテーション料(I)、脳血管疾患リハビリテーション料(III)、呼吸器リハビリテーション(I)
専用施設の使用や理学療法士等の配置およびその内容を基準どおり行っています。
薬剤管理指導料
患者様に対する服薬指導を行ったり、医薬品情報の収集・伝達を行うにつき、「医薬品情報管理室」を設置し、薬剤師の配置及びその内容を基準どおり行っています。
その他の届出関係

『重症者等療養環境特別加算』『救急医療管理加算』『超急性期脳卒中加算』『特定集中治療室管理料4』『救命救急入院料3、4充実段階A加算』『麻酔管理料(T)(U)』『無菌製剤処理料』『画像診断管理加算1、2』『検体検査管理加算(T)(U)』『臨床研修病院入院診療加算』『放射線治療専任加算』『外来放射線治療加算』 『高エネルギー放射線治療』『造血器腫瘍遺伝子検査』『クラウン・ブリッジ維持管理料』『大動脈バルーンパンピング法 (IABP法)』『補助人工心臓』『歯科技工加算1及び2』『長期継続頭蓋内脳波検査』『脳刺激装置植込術、(頭蓋内電極植込術を含む)、及び脳刺激装置交換術』『体外衝撃波腎・尿管結石破砕術』『脊髄刺激装置植込術又は脊髄刺激装置交換術』 『心臓カテーテル法による諸検査の血管内視鏡検査加算』『外来化学療法加算1』『妊産婦緊急搬送入院加算』『がん治療連携計画策定料(胃癌、大腸癌、肺癌、肝癌、乳癌)』『HPV核酸検出及びHPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)』『ハイリスク妊娠管理加算』 『ハイリスク分娩管理加算』『CT撮影及びMRI撮影』『がん診療連携拠点病院加算』『がん性疼痛緩和指導管理料』『医療機器安全管理料1、2』『肝炎インターフェロン治療計画料』『抗悪性腫瘍剤処方管理加算』『エタノールの局所注入(甲状腺)』『乳腺悪性腫瘍手術における乳がんセンチネルリンパ節加算』 『小児入院医療管理料2』『透析液水質確保加算2』『定位放射線治療』『ニコチン依存症管理料』 『がん治療連携管理料』『時間内歩行試験』『輸血管理料U』『植込型除細動器移植術及び植込型除細動器交換術及び経静脈電極抜去術(レーザーシースを用いるもの)』『ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術』『両心室ペースメーカー移植術及び両心室ペースメーカー交換術』『両室ペーシング機能付き植込型除細動器移植術及び両室ペーシング機能付き植込型除細動器交換術』『植込型心電図検査』『一酸化窒素吸入療法』『植込型心電図記録計移植術及び植込型心電図記録計摘出術』『医師事務作業補助体制加算1 40対1補助体制加算』『人工肛門・人工膀胱造設術前処理加算』『データ提出加算2』『強度変調放射線治療(IMRT)』「画像誘導放射線治療(IGRT)』『無菌治療室管理加算2』『退院支援加算1.3』『病理診断管理加算2』『外来放射線照射診療料』『医療安全対策加算1』『急性期看護補助体制加算50対1』『がん患者指導管理料1、2、3』『ロービジョン検査判断料』『心臓MRI加算』『看護職員夜間12対1配置加算2』『地域歯科診療支援病院歯科初診料・再診料』『新生児特定集中治療室管理料2』『総合入院体制加算3』『ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後)』『外傷全身CT加算』『冠動脈CT撮影加算』『大腸CT撮影加算』『組織拡張器による再建手術(一連につき)(乳房(再建手術)の場合に限る)』『褥瘡ハイリスク患者ケア加算』『歯科外来診療環境体制加算』『感染防止対策加算1』『感染防止対策地域連携加算』『腹腔鏡下膵体尾部腫瘍切除術』『胃瘻造設術』『胃瘻造設時嚥下機能評価加算』『口腔病理診断管理加算2』『CAD/CAM冠』『羊膜移植術』『下肢末梢動脈疾患指導管理加算』『小児食物アレルギー負荷検査』『緩和ケア診療加算』『外来緩和ケア管理料』『広範囲顎骨支持装置埋入手術』『胎児心エコー法』『腹腔鏡下肝切除術(亜区域切除、1区域切除、2区域切除及び3区域切除以上のもの)』


なお当院の分娩件数は 277件(平成27年実績)で配置医師数は 5名、助産師数は31名です。

※平成29年9月1日現在

施設認定

循環器専門医研修施設
日本高血圧学会専門医認定施設
不整脈専門医研修施設
日本消化器病学会専門医認定施設
日本消化器内視鏡学会指導施設
日本超音波医学会認定超音波専門医制度研修施設
日本肝臓学会認定施設
日本血液学会認定血液研修施設
日本呼吸器学会認定施設
日本呼吸器内視鏡学会認定施設
日本緩和医療学会認定研修施設
日本がん治療認定医機構認定研修施設
日本精神神経学会精神科専門医制度研修施設
日本外科学会外科専門医制度修練施設
日本消化器外科学会専門医修練施設
食道外科専門医認定施設
腹部大動脈瘤ステントグラフト実施施設
胸部大動脈瘤ステントグラフト実施施設
NST稼動施設
栄養サポートチーム専門療法士認定規則実施修錬認定教育施設
日本整形外科学会認定医制度研修施設
日本リウマチ学会教育施設
日本眼科学会専門医制度研修施設
日本皮膚科学会認定専門医主研修施設
日本東洋医学会研修施設
日本アレルギー学会認定教育施設
日本アレルギー学会認定教育施設
日本泌尿器科学会専門医教育施設
救急科専門医指定施設
日本集中治療医学会専門医研修施設
麻酔科認定研修施設
日本急性血液浄化学会認定指定施設
認定臨床微生物検査技師制度協議会研修施設
臨床検査値精度保証施設
日本臨床細胞学会教育研修施設
日本臨床検査医学会認定研修施設
日本認定臨床腫瘍学会認定研修施設
非血縁間骨髄採取・移植認定施設
日本放射線腫瘍学会認定施設
小児科専門医研修施設
小児循環器専門医修練施設
NST稼動施設
日本感染症学会研修施設
乳房再建用エキスパンダー実施認定施設
乳房再建用インプラント実施認定施設
日本乳癌学会認定施設
日本口腔外科学会専門医制度研修施設
日本病理学会研修認定施設B
呼吸療法専門医研修施設
日本心血管インターベンション治療学会研修関連施設
日本大腸肛門病学会認定施設
日本小児外科学会専門医育成のための認定施設
日本透析医学会専門医認定施設
日本腎臓学会研修認定施設
日本老年医学会認定施設
放射線科専門医総合修錬機関認定施設
日本臨床細胞学会認定施設
母体保護法研修機関認定施設
日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設

心臓血管外科専門医認定機構基幹施設

医療被ばく低減認定施設


※平成29年8月1日現在


産科医療補償制度

当院は、妊産婦の皆さんやご家族が安心して産科医療を受けられるように、平成20年11月より「産科医療補償制度」に加入しております。産科医療補償制度では、
(1)通常の妊娠・分娩にもかかわらず、分娩に関連して重度脳性まひとなった赤ちゃんが速やかに補償を受けられ、
(2)重度脳性まひの発症原因が分析され、再発防止に役立てられることによって、
産科医療の質の向上が図られ、安心して赤ちゃんを産める環境が整備されることを目指しています。
対象
平成21年1月1日以降の当院における分娩3.制度の運営ならびに概要についてこの制度の運営は(財)日本医療機能評価機構が行っています。
制度の内容など詳しくはこちら(日本医療機能評価機構HP http://www.sanka-hp.jcqhc.or.jp/) をご覧ください。

近畿大学医学部奈良病院
630-0293 奈良県生駒市乙田町1248-1
TEL 0743-77-0880
E-mail: info@nara.med.kindai.ac.jp