病院のご案内

病院情報の公表について

DPCデータに基づく『病院情報の公表』Webページ公開のお知らせ

当院では、DPCデータから全国統一の定義と形式に基づいた指標を作成し、皆さんに情報公開を進めています。
このたび、厚生労働省のテンプレートを利用した『病院情報の公表』Webページを公開致しました。
当院における患者数上位3疾患や、5大がんの患者数などをDPCデータに基づき掲載しています。

 

具体的に、DPC病院が情報公開するのは次の7項目です。

 

1)年齢階級別退院患者数

  10歳刻みの年齢階級別に集計しており、年齢階級別に集計することで、
  当院の特徴や患者構成を知ることができます。

2)診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  診療科別に患者数の多い診断群分類(DPC)の上位3位を示しています。
  DPCコードに対する患者数、平均在院日数(自院・全国)、転院率、平均
  年齢で、各診療科別に上位3つを掲載しております。 

3)初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数
  5大癌である、胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんの人数を、
  初発のUICC病期(ステージ)分類別および再発に分けて集計しております。

4)成人市中肺炎の重症度別患者数等
  成人市中肺炎の患者さんの人数を、重症度別に集計しております。

 

5)脳梗塞のICD10別患者数等
  脳梗塞の(ICD-10コード:International Classification of Diseases
  and Related Health Problems(疾病及び関連保健問題の国際統計分類)
  の略称で、世界保健機構(WHO)が世界保健機関憲章に基づき作成した、
  傷病に関する分類です。)別の患者数、平均在院日数、平均年齢、
  転院率を集計しております。

6)診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  各診療科別に症例数の多い手術件数を集計しております。

7)その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
  DIC(播種性血管内凝固)、敗血症、真菌症、手術・処置などの合併症の患者

  数と発症率について、DPC病名(最も医療資源を投入した病名)と入院契機

  病名 (入院のきっかけとなった病名)が「同一」か「異なる」に分けて集計して

  おります。

 

※補足

・各指標の症例数が10例に満たない場合は、「−(ハイフン)」で表示しています。

 

 → こちらをクリックしてください。(平成27年度のDPCデータ)

DPCデータについて

 DPC(診断群分類包括制度):Diagnosis Procedure Combinationの略で医師が決定した主病名に基づき、入院患者さんの一連の医療行為を、国で定めた1日あたりの定額の点数から入院医療費を計算する制度です。

 DPCの対象となる患者さんは、医療保険を使用し、一般病棟に入院された患者さんです。 傷病名と手術、処置の有無の組み合わせにより、14桁のDPCコードが決定されます。

近畿大学医学部奈良病院
630-0293 奈良県生駒市乙田町1248-1
TEL 0743-77-0880
E-mail: info@nara.med.kindai.ac.jp