診療科

緩和ケア科

責任者・診療科長 大塚 正友

診療案内

 当院に入院中・通院中の患者さんがお困りの苦痛を少しでも和らげることができるよう、患者さんの視点より問題となっている事柄を把握した上で、緩和ケアチームやその他の医療スタッフと協働して、多方向からの専門的アプローチを行います。またご家族のお悩みを丁寧にお伺いし、一緒に患者さんをサポートしていきます。

 また緊急時には、緊急緩和ケア病床で苦痛症状の緩和を行います。

 外来でも、必要に応じて当科を受診・併診していただくことが可能です。外来ではがん看護専門看護師と共に診療・ケアにあたり、必要に応じて相談支援センター・がん看護外来と連携いたします。また外来では、緩和ケアに関するセカンド・オピニオンもお受けいたします。

 診療・サポートをご希望の方は、主治医・医療スタッフにお気軽にご相談ください。

緩和ケアの定義(WHO 2002年)

 生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題心理社会的問題スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと対処(治療・処置)を行うことによって、苦しみを予防し、和らげることで、クオリティ・オブ・ライフ(QoL)を改善するアプローチである。

外来受付

●月曜日 午後1時00分〜午後5時00分
●金曜日 午前9時00分〜午前12時00分
予約制 … 完全予約制
紹介状 … まずはがん相談支援センターあてお問い合わせ下さい。
スタッフ … 常勤医師1人。

待ち時間 … ゆっくりお話しを伺いますので、時にお待たせすることもございます。ご理解を頂ければ幸いです。

科長挨拶

 緩和ケアは終末期のケア(ターミナルケア)も含みますが、終末期ケアと同義ではありません。

 病気の早い段階より、痛みを始めとする苦痛症状を和らげるよう努めることは、病気に立ち向かう治療(手術・抗がん剤・放射線療法など)と矛盾するものではありません。身体のつらさだけでなく、治療を受ける中で生じる気持ちのつらさについても、速やかに対応することで、がんに対する治療に良い影響があると考えられます。緩和ケアを受けることが、患者さんご自身のクオリティ・オブ・ライフ(QoL)の改善に繋がるという研究も報告されていますので、病気の進み具合にかかわらず、躊躇せずに必要な緩和ケアを受けて頂きたいと考えています。

 一方で、現代の医学をもってしても完治できない病気が存在することも事実です。生命が有限であるからこそ、死への過程を自然なものと認め、生命を最大限に尊重し、身体のみならず心理面・スピリチュアルな側面も合わせ、全人的な視点から、生命をより輝かせるお手伝いをする為に緩和ケアがあると考えています。

 そして患者さんを支えるご家族は「第2の患者さん」と呼ばれます。ご家族を支えることで、ご本人がより支えられることにもなりますので、緩和ケアによるサポートを受けて頂くべき大事な存在と考えております。よきお話相手となれれば嬉しいです。

 当科は、日本緩和医療学会の認定研修施設であり、専門医取得を目指す先生方の教育・指導を行います。また他施設との共同研究も計画しており、学術活動にも注力する所存です。

担当医紹介

氏名 専門分野 専門医資格
大塚 正友 緩和ケア 

日本緩和医療学会 緩和医療専門医

関連リンク

緩和ケアチーム

・がん看護外来(工事中)

・相談支援センター(工事中)

セカンドオピニオン外来

その他

受診に関するお問い合わせは、E-mailでも受け付けています。

E-mail:infonara@med.kindai.ac.jp
近畿大学医学部奈良病院
630-0293 奈良県生駒市乙田町1248-1
TEL 0743-77-0880
E-mail: infonara@med.kindai.ac.jp