診療科

血液内科

責任者・診療科長 花本 仁

診療案内

 血液内科では鉄欠乏性貧血や再生不良性貧血などの血液疾患や急性・慢性白血病,悪性リンパ腫や多発性骨髄腫などの造血器悪性腫瘍の診断と治療,全身性エリテマトーデスなどの自己免疫疾患の診断と治療などを担当しています。

外来受付

●平日(月〜金曜日)午前8時30分〜午前11時30分
●土曜日       午前8時30分〜午前11時
●日・祝祭日・年末年始・創立記念日(11月5日)は休診
待ち時間 … 予約制を採用しており、予約優先で診察を進めさせて頂いております。
予約制 … 基本的には再診は予約制です。
紹介状 … 紹介状があれば事前予約できます。
スタッフ … 常勤医師5名、非常勤講師2名。

科長挨拶

 当科では、主に白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの造血器悪性腫瘍を担当しています。それらに対して化学療法、造血幹細胞移植などの治療を行っています。新規薬剤の登場により、近年血液疾患の治療成績は著しく改善しています。今後も続々と新規薬剤が開発されます。当科では、新規薬剤をできるだけ早く導入し、適正に使用し治療成績を向上させ患者さんに貢献していきたいと考えています。また、奈良県では造血器悪性腫瘍の治療を担当できる病院が少ないため血液内科医の育成にも力を注いでいきたいと思います。血液内科医局員全員で質の高い医療を提供できるようチーム医療の充実を図りたいと思います。

担当医紹介

氏名 専門分野 専門医資格
花本 仁 血液学、幹細胞移植 日本血液学会専門医、日本内科学会総合内科専門医、日本血液学会血液専門医
嶋田 高広 血液内科一般総合内科専門医、日本血液学会血液専門医
藤田 茉莉子 腎臓病、透析療法、血液疾患
藤本 昂   
藤井 晶血液内科一般 

特長・特色

  1. 造血器腫瘍
    化学療法の最先端の治療のほか、末梢血幹細胞移植法・同種幹細胞移植(骨髄バンクおよび臍帯血バンク認定施設)も行っています。
  2. 難治性疾患
    再生不良性貧血などでも幹細胞移植を含めた最新の治療を行います。
  3. 自己免疫疾患
    免疫病態の解析と治療を行います。
  4. 輸血医学
    血液成分分離装置を用いた癌の免疫療法なども行っています。

院内施設・設備

無菌治療室
造血幹細胞移植時に使用する無菌治療室が6室設置されています。
クリーンウォール
化学療法施行時の簡易無菌装置
血液成分分離装置
幹細胞採取、血漿交換に使用する装置

その他

泌尿器科の医師と共同で血液浄化療法の担当もしております。
受診に関するお問い合わせは、E-mailでも受け付けています。

E-mail:infonara@med.kindai.ac.jp
近畿大学医学部奈良病院
630-0293 奈良県生駒市乙田町1248-1
TEL 0743-77-0880
E-mail: infonara@med.kindai.ac.jp