診療科

救命救急科 (詳細はこちら)

責任者・診療部長 北澤 康秀 教授         

診療案内

 救命救急科では、救命救急センターにおいて他科との連携により第3次救急医療を行っています。第3次救急医療とは、他の医療機関で対応できない重篤な救急疾患や広範囲熱傷、切断肢指、急性中毒などの特殊疾患を言います。

受付

 第3次救急医療機関は、他の医療機関から、第3次救急医療が必要であると判断された場合に限り、受診して頂けます。したがって、外来はありません。

部長挨拶

 救命救急病棟は、ICU(集中治療室)を含め、現在24のベッドを持ち、第3次救急疾患に対し治療を行っております。
一人でも多くの方の命を救うことを目指しています。

診療実績

担当医紹介

氏名 専門分野 専門医資格
北澤 康秀 救急全般、重症熱傷患者管理、栄養管理 日本救急医学会指導医、救急科専門医、日本熱傷学会熱傷専門医
尾鼻 康朗 救急医学、総合診療、検査医学 日本臨床検査医会臨床検査専門医、日本抗加齢医学会専門医
丸山 克之 救急医学 救急科専門医、日本外傷学会外傷専門医
鷹羽 淨顯 救急医学、心臓血管外科、循環器内科 日本循環器学会循環器専門医、日本外科学会外科専門医、日本脈管学会脈管専門医、三学会構成心臓血管外科専門医認定機構心臓血管外科専門医

特長・特色

 各科との協力体制のもと、第3次救急疾患に対応しております。
救命救急病棟には

・重症外傷 ・重症急性膵炎 ・劇症肝炎 ・多発外傷
・切断肢指 ・急性中毒 ・広範囲熱傷 ・呼吸不全

などの疾患が多く入院して来られます。
また、CCUでは、循環器科による心筋梗塞の集中治療を行っております。

各種疾患への治療

●広範囲熱傷
重症熱傷に対する専門治療施設による集中治療管理。
●重症頭部外傷
脳外科手術および脳の機能を保護。
●急性中毒
中毒物質の排泄、吸収阻害および血液から中毒物質の除去。
●切断
肢指再接合術

院内施設・設備

ICU(集中治療室)
重症患者に対し、全身管理、集中治療を行います。各種モニターを装着し、2対1看護にて対応しています。
HCU(ハイケアユニット)
ICUで治療を行い、状態が改善した方、急変する可能性のある方、また呼吸器を装着していたりして、普通の病室では管理できない方が対象です。3〜6人に対 して1人の看護師が付きます。
熱傷治療
熱傷のための特別なベッドや、熱傷治療用浴槽を完備して、殺菌効果の高い銀イオン水で熱症創部を洗浄し、清潔に保ちます。
診療実績
重篤患者受入状況
        平成23年度
        平成24年度
        平成25年度
        平成26年度
        平成27年度
        平成28年度
近畿大学医学部奈良病院
630-0293 奈良県生駒市乙田町1248-1
TEL 0743-77-0880
E-mail: infonara@med.kindai.ac.jp