診療科

腫瘍内科

責任者・ 診療部長 田村 孝雄 教授

平成18年10月からセカンドオピニオン外来を始めました。
>>セカンドオピニオン外来についての詳細な説明

診療案内

 腫瘍内科では、固形がんにおける化学療法(抗がん剤治療)全般を担当しております。特に、肺がん、消化器がん(胃がん・大腸がんなど)に力を入れています。胸部異常陰影に対する精査も行っています。

外来受付

●平日(月〜金曜日)午前8時30分〜午前11時30分
●土曜日       予約の方のみ
●日・祝祭日・年末年始・創立記念日(11月5日)は休診
待ち時間 …予約制を採用しており、予約優先で診察を進めさせて頂いております。
予約制 …基本的には再診は予約制です。
紹介状 …紹介状があれば事前予約できます。
スタッフ … 常勤医師4人。

科長挨拶

  がん患者さんにとって、「がん治療の専門施設」を探すことは容易ではありません。また、現在、受けているがん治療の内容について「セカンド・オピニオン」 を求めたいがどこに相談すればよいのかわからないということをよく聞きます。 実際、「がん治療の専門施設」といってもいろいろな種類があります。近畿大 学医学部奈良病院腫瘍内科は平成17年4月に開設されました。大阪狭山にある近畿大学医学部附属病院腫瘍内科と連携して常勤医全員ががん治療に十分な知識 のある日本臨床腫瘍学会会員で構成されています。
我々の科を一言でいえば、「がんの薬物療法(抗がん剤)の専門の科」であります。がん治療は、「手術」、「放射線治療」そして「抗がん剤治療」の大きく3 つに分類されます。これらは単独で行われる場合もありますが、併用することで治療効果を高めることがわかっているものもあります。また、ある種のがんにお いては、手術の前、あるいは後で抗がん剤治療を行うことで、再発率を抑えたり、再発までの期間を延長することが証明されているものもあります。即ち、がん 治療は「集学的医療」であり「チーム医療」が必要とされ、それぞれの治療にたいして常勤の専門医がいる専門施設での治療が望ましいとされています。当院で は腫瘍内科がコーディネーター役となり、外科、呼吸器外科、放射線科、血液内科、消化器内科、呼吸器内科などが協力しあってそれぞれの科が専門性を最大限 に発揮して集学的治療が行える体制となっています。
腫瘍内科では、肺がん、胃がん、大腸がん、膵臓がん、乳がんなどを中心に、固形がんにおける抗がん剤治療全般を行っています。 医学的なエビデンスに基 づき、新薬や治験薬の使用も考慮しつつ最良と思われる治療を提供していくことを目指しています。一方、抗がん剤による治療だけが、がん治療ではありませ ん。「抗がん剤」による治療には副作用を伴いますし、がんの種類、年齢や体力、臓器機能、いままで受けた治療の内容や再発の回数、合併症などにより、結果 的には、緩和治療(痛みや苦痛を軽減することに重きをおく治療)の方が患者さんにとって良い場合もあります。そこで緩和治療の方が患者さんにとってベネ フィットがあると判断した場合、当科が連携している緩和治療専門病院・ホスピス・在宅訪問緩和ケア等へご紹介させて頂く場合もあります。
以上のように我々の科は、EBM(エビデンスに基づく医療)を基本として、抗がん剤の適応について正しく判断させていただくことに力をいれております。病 状、治療の適応・選択肢、内容、予想される副作用についてわかりやすい説明を心がけ、インフォームド・コンセントを充実させております。また、既に他院で 治療を受けられているがん患者さんを対象として、ご本人あるいはご家族への「セカンド・オピニオン」も行っています。また、院内に設置している「通院治療 センター」で患者さんの日常生活との両立を目指した「外来化学療法」を積極的にとりいれております。
「抗がん剤」には、日本の厚生労働省が未だ認可していない比較的新しい、開発段階のものもあります。実際、「標準的な治療法」をうけたにもかかわらず、 がんが再発され、尚且つ全身状態が良好な患者さんの中には、「臨床試験」に期待される方も少なからずおられます。このような「未承認薬」の治験(臨床試 験)も、腫瘍内科では随時行っております。これらは、院内の治験審査委員会において、その倫理性、安全性が検討され承認されており、適応のある患者さんか らインフォームド・コンセントを得た上で行います。
腫瘍内科はがん治療のよろず相談所です。治療についてご相談を希望される患者さんは、近畿大学医学部奈良病院の地域医療連絡室を通じてご連絡ください。

担当医紹介

氏名 専門分野 専門医資格
田村 孝雄 消化器がん、臨床腫瘍学、がん薬物療法、新規抗がん剤 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医、消化器内視鏡専門医、消化器病専門医
明石 雄策 臨床腫瘍学、がん薬物療法、新規抗癌剤、肺がん、消化器がん 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
岡部 崇記  肺がん、消化器がん、乳がん  
文田 壮一  腫瘍内科一般、消化器がん、頭頚部がん、薬物治療  日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医

特長・特色

  腫瘍内科では、肺がん、消化器がん(胃がん・大腸がんなど)、乳がんなどの固形がんに対する抗がん剤治療を専門的に行う科です。エビデンスに基づいた最新 の治療を行います。さらに、研究段階の最先端の治療も積極的に行います。患者さんに対し、病状、治療法についてわかりやすい説明を心がけ、インフォーム ド・コンセントを充実させます。特に、呼吸器腫瘍に関しては、胸部異常陰影など確定診断に至っていない症例の確定診断も行います。患者さんの日常生活との 両立を目指した「外来化学療法」を積極的にとりいれています。他科(外科、呼吸器外科、放射線科、婦人科、消化器内科、呼吸器内科、麻酔科、メンタルヘル ス科)と協力しながら、治療方針の決定、集学的治療(チーム医療)を行います。がん治療におけるセカンド・オピニオンも行います。

腫瘍内科における癌診療について

   >>腫瘍内科における癌診療について(PDF)

実施している検査と検査機器について

・気管支内視鏡検査

上部消化管内視鏡検査

下部消化管内視鏡検査

各種疾患への治療

・呼吸器悪性腫瘍に対する化学療法(抗がん剤治療)全般
・消化器悪性腫瘍に対する化学療法(抗がん剤治療)全般
・乳がんに対する化学療法(抗がん剤治療)全般

・その他固形悪性腫瘍に対する化学療法(抗がん剤治療)全般

院内施設・設備

・ 放射線一般撮影 X線撮影全般(FCR5501)
・ 消化管透視 胃・大腸全般
・ 血管造影 腹部・骨盤部、胸部、四肢
・ CT:多列検出器型4台(64列、16列、4列)、心臓冠動脈撮影対応
・ MRI MR血管造影・MR膵管造影などを含む
・ SIEMENS, Symphony, 1.5T超伝導型)
・ アイソトープ検査 全般 骨塩定量装置 DEXA (dual energy x ray abdorptiometry)
・ 放射線治療:直線加速器リニアック(varian社、CLINACiX,6/10MV)
・ IMRT,SRT/SRS対応(VMAT:RapidArcを含む)

・ 通院治療センター

写真

その他

受診に関するお問い合わせは、E-mailでも受け付けています。

E-mail:infonara@med.kindai.ac.jp
近畿大学医学部奈良病院
630-0293 奈良県生駒市乙田町1248-1
TEL 0743-77-0880
E-mail: infonara@med.kindai.ac.jp