高校生に向けたがんについての講義を担当しました

令和元年11月8日(金)岡嶋馨副病院長(放射線科)が県立奈良北高校において、2年生約300名に向けたがんについての講義を担当しました。

がんのしくみや予防について平易な言葉で解説したあと、たばこの実害、がんの早期発見や感染症対策の重要性を強調しました。

今後も若年層に向けたがんに関する啓発活動をがん診療連携拠点病院として取り組んでまいる所存です。