文芸学部のオンライン授業と奈良病院のコラボが実現しました

文芸学部文化デザイン学科森口ゆたか教授2回生前期ゼミの成果が、奈良病院の病棟に彩りを添えました。
5階にある病棟と大講堂のフロアサインは奈良にちなんだ大仏さまと鹿に言わずと知れた近大クロマグロ。4階は梅、桜、向日葵、紅葉、3階は柿と苺と創意工夫が凝らされています。そして、お気づきでしょうか?そのいずれもこっそりと「ハート」(Hospital ART)が隠されています。
清潔感の溢れるシンメトリーが基調となっているため、却って患者さまには解り難くなっている病棟の識別に一役買ってくれるとともに、ほっこりとさせてくれるそんなフロアサイン。今は感染対策のため、面会禁止でご不便をおかけしておりますが、時期が訪れましたら、是非現場でご覧いただけましたら幸いです。