緩和ケアチーム


緩和ケアチーム

 ◆緩和ケアとは

 緩和ケアとは、重い病を抱える患者やその家族1人1人の身体や心などのさまざまなつらさを和らげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケアです。
 がん患者さんやそのご家族は、がんと診断されてから治療を行う経過の中で、さまざまなストレスを感じます。緩和ケアでは、患者さんとご家族が自分らしく過ごせるよう、医学的な側面だけでなく、いろいろな場面で幅広い対応を行います。

 ◆緩和ケアを受ける時期

  緩和ケアは、「治療ができなくなった方へのケア」「がんの終末期に受けるもの」だけではありません。
緩和ケアは、がんが進行してからだけでなく、治療の早い段階から必要に応じて受けることができます。がん治療と並行して苦痛を緩和しながら、「療養生活の質」を保ち、病気との付き合い方を考えていくことは、治療にもよい影響を与え、自分らしさを維持することにもつながります。

 ◆こんなつらさはご相談ください

 がん患者さまは、身体的な苦痛だけでなく、精神的な苦痛やこころの痛みを多く抱えています。がんの進行に伴い、様々な症状がつらく感じることがあります。どんな小さなことでも、お伝えください。

  ・からだが痛い

  ・食欲がない

  ・つらいだるさがある

  ・息がしんどい

  ・眠りにくい

  ・不安でたまらない

  ・何もする気が起こらない

  ・今後どのように過ごしていったらいいのかわからない・・・・・など

           

 ◆当院で緩和ケアを受けたいとお考えの方は

  当院に入院・通院されているがん患者さまとそのご家族が対象です。主治医や看護師に「緩和ケアを受けたい」とご相談ください。

  ・入院中:「緩和ケアチーム」がサポートします

  ・外来通院:「緩和ケア外来」でサポートします

 

 ◆緩和ケアチームとは

  緩和ケア科医師・身体症状担当医師・精神症状担当医師・がん専門看護師・緩和ケア認定看護師・がん性疼痛看護認定看護師・がん化学療法看護認定看護師・がん放射線療法看護認定看護師・薬剤師・管理栄養士・歯科口腔外科医・医療ソーシャルワーカーなど多職種のスタッフが協働し、治療・ケアにあたります。

 

 ◆構成員

緩和ケア医

大塚 正友

 

チームリーダー、痛み・息切れ・だるさなど身体の症状を

中心に対応

精神担当医

大山 覚照

不安・気持ちの落ち込みなどの精神症状を中心に対応

身体担当医

文田 壮一

痛み・息切れ・だるさなど身体の症状を中心に対応

専従看護師

水谷 あかね

苦痛症状の評価、症状緩和のケア、家族ケア

専任薬剤師

福井 愛子

服薬指導の実施

専任栄養士

菅野 真美

栄養摂取・栄養補助食品の情報提供と相談

歯科医師

鈴木 聖也

口腔内のさまざまな苦痛の軽減

ソーシャル

 ワーカー

吉村 仁美

秋保 知子

経済的な問題、医療福祉制度の情報提供、

療養生活における環境調整

 看護師

 (兼務)

市村 紀子

竹村 孝代

庄司 紀子

鈴木 智恵子

苦痛症状の評価、症状緩和のケア、家族ケア

リンクナースの支援

  *当院の緩和ケアチームは、厚生労働省からの認可を受けております。 そのため、入院に関わる医療費等に加え、「緩和ケア診療加算」として定額の費用がかかります。

 

 ◆緩和ケアチームとは

  当院で治療を受けているがん患者さんやご家族に対応しています。

 痛みや不安などを緩和できるようにサポートする外来です。入院中に緩和ケアチームの診療を受けていた患者さまも、退院後引き続き緩和ケア外来を受けることができます。

 【外来日】月曜日:13:00~17:00 

       金曜日: 9:00~12:00   

  完全予約制  30分~1時間程度でお話を伺います。

 *主治医や看護師に「緩和ケアを受けたい」とご相談ください。

 

>緩和ケア科(リンク)

 ◆苦痛への早期対応への取り組み

  当院では、患者さんの様々な苦痛に対して早期に把握し、対応するため、がんと診断された患者さんに対し、「質問用紙」をお配りしています。

  外来受診時や入院時などに記載していただき、その回答をもとに、主治医・担当看護師・緩和ケアチームも連携しながら、患者さんの苦痛に対して早期対応を行っています。

 お困りごとがありましたら、質問用紙を用い、主治医や看護師へご相談ください。

PEACE緩和ケア研修会 修了者

 がん患者さんの診療に携わる医師は、PEACE緩和ケア研修を受ける体制と環境を整えています。

■緩和ケア研修修了者一覧