栄養部


(1)栄養部とは

部署理念

 『患者様の思いを共有し、食・栄養の専門職として治療実績向上に貢献する。』

 栄養部は、中央部門に属し、患者様のQOL向上や栄養状態の改善に貢献すべく業務に従事しております。
「食」に関わる専門部署として、食事・栄養を「治療の一環」と考え、患者様の治療が円滑にすすむサポートができるよう、スタッフ一丸となって取り組んでいます。

  ※当院では、入院時食事療法(Ⅰ)に準じた食事管理を行なっています。

(2)栄養部の概要

1.栄養管理業務

 栄養管理では、病棟担当制にて一般病棟9病棟・救命病棟・ICU・NICUを7名の管理栄養士それぞれが病棟を担当し、患者様の栄養管理を行なっています。入院患者様毎に栄養評価を実施し、栄養管理計画を作成、病状や治療状況に応じた食事内容や経腸栄養剤・輸液メニュー等を提案していきます。医師、看護師をはじめとした多職種と情報共有を行ないながら、多職種連携をモットーに日々業務に携わっています。
 また、入院・外来患者様を対象とした栄養食事指導では、食事療法が必要な患者様・ご家族に対し、医師の指示に基づき、日常の食習慣に合わせた内容で、お話をさせていただいています。

●入院患者栄養管理計画書作成

●病棟業務(栄養アセスメント、食事調整、栄養療法提案等)

●病棟栄養カンファレンス・退院前カンファレンス参加

●栄養指導(入院・外来・集団)

●チーム医療 等

 

2. 給食管理業務

 給食管理では、HACCPに準拠した衛生管理を行い、安心・信頼のできる食事のご提供を心がけ、食事で楽しみを感じていただけるよう、毎日選択メニューを実施、二十四節気に合わせた行事食、ご出産後の出産膳の提供を行なっています。年3回の嗜好調査や日々患者様からいただくご意見の他、栄養委員の医師、看護師、薬剤師等による検食や、管理栄養士による糖尿食や腎臓食、嚥下食など特別治療食の検食など、様々な方面から幅広い意見を集めるよう努めています。
 2016年4月には、これら意見をもとに、献立や食器の再編を行い、さらに総合大学のメリットを活かし「食事満足度向上プログラム」を開始しました。近畿大学農学部食品栄養学科の学生による献立表の刷新をはじめ、農学部で採取されたハーブ(スペアミントやタイム等)、附属農場で収穫された近大みかんなどを献立へ取り入れ始めました。また、地元で収穫された各種農作物を病院食に取り入れるとともに、食材や献立に関する情報を学生考案のイラスト付きメッセージカードで紹介するなど、食環境の観点からも満足度を向上させる取り組みを行っています。

●院内約束食事箋の作成・管理

●食事提供

●献立管理

●衛生管理

●検食実施(毎食)

●嗜好調査(年3回) 等

※給食業務は、給食会社に全面委託しています。

3.その他業務

●各種イベント開催

●研修会、学会活動

●学生教育 等

 

(3)栄養部の特徴

1.栄養管理

1)病棟業務

 各病棟に1名ずつ管理栄養士を配置し、入院患者様の栄養管理を担当しています。

 日々、患者様の食事内容の調整や、咀嚼嚥下機能に応じた食事形態の調整、治療に応じた経過腸栄養剤や輸液の提案を行なっています。

 

 また、週に一度、医師や病棟看護師と栄養カンファレンスを行い、多職種で情報共有、ディスカッションを行なっています。退院時には、退院前カンファレンスに参加し、在宅支援も実施しています。

 

2)栄養指導

  主治医からの依頼で実施していますので、ご希望があれば主治医へお伝え下さい。
  糖尿病や高血圧症などの生活習慣病をはじめ、消化器の手術後やがん患者様など、様々な疾患に対して栄養指導を実施しています 。

①個人指導

   【入院個人指導】

    実施場所:各入院病棟

    実施日:月曜日~土曜日 ※祝日を除く

        月曜日~金曜日(9:00~17:00) 

        土曜日(9:00~12:00)

    病室に直接伺い、実施させていただきます。

 

   【外来個人指導】

    実施場所:外来栄養相談室(2階6番窓口の隣)

    実施日:月曜日~土曜日 ※祝日を除く

        月曜日~金曜日(9:00~17:00)

        土曜日(9:00~12:00)

 

②集団指導

糖尿病教室

 (毎週金曜日10:00~11:00実施)※祝日を除く ひと月に一度ずつ、医師(糖尿病専門医)、看護師、薬剤師、管理栄養士により糖尿病療養に関する講義を実施しています。
入院中の患者様や外来通院されている患者様もご参加いただけます。

3)チーム医療

 食・栄養の専門職として、他職種と連携して患者様の治療やケアを実施しています。

□現在参加しているチーム

 ・栄養サポートチーム(NST)

 ・褥瘡対策チーム

 ・緩和ケアチーム

 ・ストーマケアチーム

 ・糖尿病チーム

 ・腎臓病チーム

 ・透析チーム

2.給食管理

 1)食事の時間
  朝食 7:30   昼食 12:00   夕食 18:00
 2)適温サービス
  温かいものは温かく、冷たいものは冷たく、適温でお届けできるように、温冷配膳車を使用しています。
 3)当院のお食事について
  一般食から治療食まで150種類以上の食種をご用意しています。

□一般食(常食)

img img img
【献立例】      
・銀鮭の塩焼き
・牛肉とピーマンの炒め物
・ポテトサラダ
・ごはん
 【献立例】  
・いかのチリソース 
・茄子の含め煮  
・卵豆腐
・ごはん       
 【献立例】  
・鶏肉のじぶ煮
・高野豆腐の卵とじ 
・野菜のかつお和え
・ピオーネ
・ごはん

※当院の主食は富山県産コシヒカリを使用しています。

 □各種特別治療食
(一例)
 ・糖尿食
 1日のエネルギー量や炭水化物量を調整した食事です。
 食事バランスを考慮して副食に野菜をたくさん使用しています。
・減塩食
 1日の塩分量を6g未満に調整した食事です。(高血圧治療ガイドラインより)
 香味野菜や濃くとっただし汁等を活かし、薄味でも美味しく食べることができるように工夫しています。
・嚥下食
 「2013年リハビリテーション学会分類」に基づき、咀嚼や嚥下機能が低下している患者様に嚥下食の提供を行っています。

img


・食欲不振食(各種パール食)
 化学療法や放射線療法の副作用などによる有害事象に対応した5種類の食種をご用意しています。
 (果物やデザート中心の食事、口内炎に対応した刺激の少ない食事、主食の麺類対応、3食の食事量を減らしておやつを提供など)

img


4)食事満足度向上のための取り組み
□選択食
 (朝食)パンメニュー、ご飯・粥メニュー
 (昼食・夕食の主菜) 基本メニュー、選択メニュー
  ※常食、妊産婦食、パール食のみ

□行事食

  少しでも食事に季節や楽しみを感じていただけるようにその時々にあわせた 『行事食』を提供しています。

img


□出産膳
  ご出産された方に出産膳の提供をしています。メイン料理は「牛ヒレステーキ」です。

img


□小児食
 小児食を提供している患者様に、食事の見た目も楽しんでいただけるよう、定期的にお子様ランチプレートなどをご提供しています。

img


□農学部との連携
 近畿大学農学部食品栄養学科及び農業生産科学科と連携し、近畿大学で育てた野菜や果物を病院食に取り入れています。 (近大みかん、ミニトマト、ハーブ、ミント、ズッキーニ、南瓜、じゃが芋、玉ねぎなど)

img


   ◆近大みかんと冬野菜の和え物◆ レシピ

img


□地産地消の推進
 近畿大学農学部食品栄養学科と連携し、平群町等近隣で栽培された野菜や果物を病院食に取り入れています。(平群産ぶどう、ピオーネ、紫ししとう、マコモダケなど)

img


□おやつ
 小児食を提供している患者様を対象に月1回スペシャルおやつデーを設定しています。
 (綿菓子、かき氷、フルーツポンチ、プチパフェ、モンブラン、さつまいもプリン など)

img


3.その他

 1)各種イベント開催

 小児病棟において、近畿大学農学部食品栄養学科と連携し、夏祭りやハロウィンイベント、クリスマスイベントを実施しています。
イベントでは手作りおやつをご提供しています。

img

 

 2)ファミリー食の提供

  入院中の患者様に面会や付添いをされる方への食事提供を行っています。

 ファミリー食詳細

 3)研修会、学会活動

 部署内勉強会や栄養カンファレンス、医療安全研修、学会発表などを定期的に行っています。

img


4)学生教育

 管理栄養士養成施設(大学)の臨地実習・講義を担当しています。

(4)設備・施設

  栄養部内の設備・施設について一部ご紹介いたします。

  

img□温冷配膳車

 温冷配膳車を使用し厨房から食事を運び各病棟へ配膳します。
 温かいものは温かく、冷たいものは冷たい状態で提供できるように努めています。

  

img□スチームコンベクションオーブン

 蒸す・焼く・蒸しながら焼くなどの様々な調理機能を備えたスチームコンベクションオーブンを使用しています。

(5)実績(2018年度)

   ・栄養指導件数:2,108件 =>年次実績推移

   ・栄養管理計画書作成数:4,836件

   ・病棟患者訪問件数(食事調整等):2,475件

   ・提供延べ食数:298,098食 =>食種詳細

 

(6)スタッフ紹介

img □管理栄養士 7名(2019年1月現在)

  【取得資格】

   ・日本糖尿病療養指導士:4名

   ・栄養サポートチーム(NST)専門療法士:3名

   ・がん病態栄養専門管理栄養士:1名

   ・がん専門管理栄養士研修指導士:1名

   ・病態栄養専門管理栄養士:1名

   ・静脈経腸栄養(TNT-D)管理栄養士:1名

   ・栄養教諭1種免許状:1名  (重複あり)

    

 □入院患者食事調理等業務

   受託会社(日清医療食品株式会社)職員32名(2019年1月現在)

    管理栄養士:7名

    栄養士:3名

    調理師:9名

    調理員:11名

    事務員:2名

 

(7)嗜好調査結果

   ・2018年10月実施 嗜好調査結果 「嗜好調査結果」