臨床工学部


(1)臨床工学部とは

 臨床工学部は臨床工学技士国家資格を有した技士で構成され、医療機器の専門医療職であり、医療機器の著しい進歩の伴う医学的、工学的な専門知識に精通し、医師、看護師や各種医療関係者と緊密な連携を図り患者様の治療に安全に使用して頂けるよう日常的に保守点検、管理をしています。

(2)臨床工学部の概要

 臨床工学部は中央手術室の向かいにあり、ICU、救命救急病棟、血管造影室に近く、緊急時にも迅速に対応しています。
 その業務内容は循環器部門、代謝部門、医療機器管理部門に分けられます。
 循環器部門では心臓血管外科による心臓手術時に使用される人工心肺装置、心筋保護液供給装置、自己血回収装置の準備、回路の組み立て、充填、医師の指示の下、操作や薬剤の投与、回収まで行います。PCPS、ECMO、IABP、自己血回収装置は他の診療科からの依頼にも対応し、同様に機器の準備から操作、回収まで行います。

 ペースメーカーは植込み手術に立ち会い、プログラマーを操作し患者様に最適な設定に調整し、退院時や外来受診時にもペースメーカーの状態をチェックしています。
 代謝部門ではICU、救命救急病棟で各種血液浄化を施行しており、透析機器の準備、回路の組み立て、充填、穿刺、透析中の患者様の状態管理、機器管理やトラブル対応、返血まで安全な透析療法を患者様に提供しています。
 機器管理部門では院内で使用されている医療機器を中央管理し、日常的に保守点検やトラブル時の対応、一部消耗品の管理をしています。

img
img
img

(3)その特徴

 臨床工学部では日常的な機器の点検やチェックリストの導入、各種センサーの設置や院内教育等により医療機器の不適切な操作、不具合による医療事故を未然に防ぎ、院外の学会、勉強会にも積極的に参加し、知識と技術の向上に努めています。また、業務に対する様々な要請に対応するためon call制による24時間対応をしており、他院からのPCPS、IABPを装着された患者様の救急搬送時は、医療機器の専門であるMEが救急車に医師と同乗しています。

(4)設備

 循環器部門では人工心肺装置4台、心筋保護液供給装置1台、自己血回収装置4台、PCPS 3台、IABP 3台を所有しています。代謝部門ではCHDF装置6台を所有しています。医療機器管理部門では人工呼吸器45台、除細動器19台、体外式ペースメーカー26台、シリンジポンプ276台、輸液ポンプ244台等所有しています。

(5)実施件数(平成24年度)

 人工心肺346件、IABP 42件、PCPS 6件、ステント業務16件、ICU、救命救急病棟でのHD、CHD、CHDFは773件、PMXは53件、血漿交換は48件でした。

(6)スタッフ紹介

臨床工学技士 7名