リハビリテーション部

(1)リハビリテーション部について

 リハビリテーション部では、主に神経・筋・骨格系の異常に基づく運動機能障害を有する方を対象として、
家庭復帰や社会復帰ができるように援助する部門です。

(2)リハビリテーション部の概要

 病院地下一階にリハビリテーション室があり、患者さまの心身機能の回復や維持を目的に、治療的訓練を実施
しています。疾患の治療や管理と並行して、機能障害や能力低下の回復を行い、実用的な日常生活における必要な活動の実現を目的としています。

(3)リハビリテーション部の特徴

 当院は急性期病院であり入院患者さまを対象とし、運動器疾患の手術後、脳血管疾患発症後のリハビリテーションを主に行っ
ています。基本的な生活動作が困難な方が対象となるため、様々な診療科の患者さまに対して支援しています。
 急性期病院におけるリハビリテーション医療として、十分な安全管理の上での質の高いサービスの提供は言うまでもありませんが、疾病や障害と
向き合うことになった患者さま、御家族さまへのサポートを真摯に取り組んでおります。

(4)設備・施設

a)理学療法

 理学療法とは、身体的機能、動作能力の回復による日常生活への復帰を援助します。病気、けがや生まれながらなどの原因
で身体に障害をもった方に、機能的訓練と残存能力の能力を高め日常生活や社会への復帰を目指します。
 当院で行われている理学療法は、運動療法・物理療法・日常生活動作訓練を行っています。

b)作業療法

 作業療法とは、脳血管障害や整形外科障害(主に上肢骨折)や認知症などで日常生活に支障をきたす方に対して、関節可動
域拡大、筋力強化、円滑な物品操作や手指の巧緻性などを図る運動機能訓練や認知機能、記憶機能、注意機能などの向上を図る高次脳機能訓練、日
常生活動作訓練(食事、更衣、トイレ、入浴、整容)、一人一人の生活状況に応じた在宅想定訓練や職場復帰訓練などを図ります。

c)言語治療

 言葉の発達が遅い、発達障害(広汎性発達障害など)、吃音(どもる)、構音障害(発音の誤り)などの問題を持つ子供へ
の訓練・指導を行っています。また脳血管障害、脳腫瘍などによる失語症や構音障害など高次脳機能障害へのリハビリテーションも行っています。
初診の窓口は耳鼻咽喉科となっています。

d)設備
img

リハビリテーション室

img

電気治療機器

img

作業療法コーナー

img

日常生活動作室

img

言語治療室

(5)実施件数

年間患者数777名 のべ患者数11650名 年間単位数21854単位

(6)スタッフ紹介

理学療法士7名 作業療法士1名 言語聴覚士1名