臨床検査部


 *検査のてびき

img

1.臨床検査部とは

 臨床検査部では、患者さまに迅速、的確な医療を受けていただくために、精度の高い検査データを提供しております。また、検査業務以外にも、法的に許される範囲内において検査内容に関するご相談、輸血医療における適正な製剤使用の推進や病理解剖にも関与し、医療の質向上に努めています。さらに、チーム医療の一員として、栄養サポートや院内感染対策を支援し、より安全、安心な医療環境を守っています。

2.臨床検査部の概要

 臨床検査部は、大きく生理機能検査部門と検体検査部門に分かれ、検体検査部門はさらに血液検査部門、病理検査部門、輸血部門、微生物検査部門、中央採血部門で構成されています。
主な検査業務は以下のとおりです。

(1)生理機能検査部門:心電図検査、超音波検査、呼吸機能検査、神経機能検査、感覚機能検査
(2)血液・一般検査部門:生化学検査、免疫学検査、血液学検査、遺伝子関連検査、尿検査
(3)病理検査部門:組織検査、細胞検査、病理解剖
(4)輸血部門:輸血関連検査、輸血製剤管理
(5)微生物検査部門:同定検査、薬剤感受性検査
(6)中央採血部門:外来患者採血

3.臨床検査部の特徴

 臨床検査部は、臨床検査技能の向上と職能の拡充を目標に掲げ、内外の勉強会や学会へも積極的に参加し、意欲的に業務に取り組んでいます。認定微生物検査技師、細胞検査士、超音波検査士など関連学会の認定資格を取得することで、専門性の高い高度な技術と知識の習得に励んでいます。さらに、検査専門分野の検査施設認定、教育研修施設認定なども取得しています。
 検査部門それぞれのスタッフは、さまざまな情報を幅広い視野で活用し、専門分野にこだわることなく、病院内でのいろいろな専門職と連携を図り、院内感染対策、安全管理対策などのチーム医療へも貢献しています。

4.設備・施設

 臨床検査部は、部門検査システムとして生理機能検査管理システム、臨床検査総合管理システム、病理検査管理システム、輸血検査業務管理システム、中央採血管理システムを擁し、病院電子カルテシステムと連携することで、迅速で信頼性の高い検査データを提供しています。

(1)生理機能検査室

 循環、呼吸、神経および感覚機能生理に区分され、患者さまに直接検査装置を取り付ける、または走査子を当てることで、心電図や超音波検査など多くの検査を実施し、臓器や神経などに異常がないかを調べます。

img
img

(2)血液・一般検査室
img

生化学検査
血液や胸水、腹水などの体液を化学的に分析する検査です。たんぱく質、酵素、糖質、脂質、ホルモン、電解質(ナトリウムやカルシウム)などを測定します。


img

血液学的検査
血液中の細胞(赤血球や白血球など)を調べることで、血液の病気を調べます。
大きく分けて血球検査と凝固検査があります。


img

免疫血清検査
体の免疫反応を調べる検査です。ヒトが細菌やウイルスに感染した時に作られる、血液中の抗体を調べることで、どのような病原菌に感染したのかが
分かります。

(3)病理検査室

 病態の悪性、良性の判断や治療方針、治療方法などを決定するために、採取された組織や細胞を顕微鏡で観察します。手術範囲の決定のための術中迅速検査も実施します。また、病理解剖を通じて、診断、治療の進歩に寄与しています。

img
img

(4)輸血検査室

 輸血を必要とする患者様へ、安全な輸血を行うために、患者さまの血液と血液製剤を用いて、血液型判定検査や交差適合試験を行います。
血液型には、一般によく知られているABO型やRh型以外にも多くの型があり、不規則抗体と呼ばれる、輸血に際し細心の注意を払わなければ
ならないものもあります。
また、赤十字血液センターとも綿密に連携し、必要な血液製剤の確保に努めています。

img
img


(5)微生物検査室
img

 痰や便、尿などから感染症の原因となっている菌やウイルスを検出します。感染症治療に効果のある抗菌剤を見つけ出します。
また、インフルエンザウイルスやノロウイルスの迅速検査を行います。

(6)中央採血室
img

 通常は、腕の静脈より採血します。
採血は、不快感や痛みを伴いますが、痛みが少なく少量の採血で多くの検査ができるよう、採血技術の向上、検査装置の改良などを行っています。
また、採血待ち時間の短縮にも努めています。


img

5.検査数

6.在籍人数

・臨床検査技師(常勤)23名   (非常勤)3名
・衛生検査技師(常勤) 3名