医療安全管理室

1.活動目的

医療安全管理室とは

 医療安全管理室は、病院の各種安全体制の整備、医療安全に係る研修の企画や運営、及び各種委員会との連絡調整に当たることを目的に開設され、医療を安全に行えるよう努めています。近畿大学奈良病院の全職員がそれぞれの立場から、医療事故をなくし、患者様が安全に医療が受けられるよう環境を整え、安心して医療が受けられるようにします。

医療安全管理体制

 当院の医療安全管理体制は、病院全体の医療安全対策を総合的に企画実施するための医療行為安全管理委員会、安全管理業務を担当する医療事故対策委員会、医療安全管理室、各部署の医療安全推進を担当するリスクマネージャーから構成されています。

      

2.医療安全管理室の業務

・医療安全に関する現場の情報収集及び実態調査
・定期的な院内の巡回・マニュアル遵守状況の点検
・医療安全に関するマニュアルの作成及び見直しの提言
・インシデントレポートを活用し、事例の分析・対策・周知を行い、医療事故の発生の防止
・医療安全に関する情報の把握と職員への周知
・医療安全に関する職員への啓発・広報
・医療安全に関する職員研修の企画・立案
・医療安全に関する患者相談への対応

3.院内・院外での教育活動について

・医療安全に関する職員研修の企画・立案(年に2回以上開催)
・Team STEPPS (医療のパフォーマンスと患者安全を高めるためにチームで取り組む戦略と方法)への参加

4. 最後に(まとめ)

患者様へのお願い

 医療安全の取り組みには、職員の取り組みだけではなく患者様やご家族のご協力が欠かせません。医療安全は患者様と職員が共に協力し合い治療を行っていくことが重要であると考えております。様々な場面におきまして医療安全のために確認を実施することがあるかと思いますが、ご理解とご協力の程よろしくお願い申し上げます。