人工透析室

1.人工透析室とは

 人工透析室では、血液透析(HD)導入、外来維持透析、長期血液透析施行に伴う合併症の治療、手術前後の血液透析を主に行っています。

2.人工透析室の概要

 腎臓内科による管理下で一般的なHDを主に行っていますが、最近、on-line HDFも開始しました。また、血漿交換、二重膜濾過血漿交換法、LDLアフェレーシス、白血球除去療法、末梢血幹細胞採取、腹水濾過濃縮再静注法等も施行しています。さらに、腹膜透析(PD)の導入と管理もPDナースとともに行っております。このように治療は多岐にわたるため、所謂、病院の一透析室ではなくむしろ腎センターとしての性格を有しています。

3.特徴

他施設で維持透析中、当院での手術など入院加療が必要な患者さんの透析はもとより、外来維持透析も行っています。大学病院で維持透析を実施している施設は全国的にも多くありません。大学病院ならではのハイクオリティな透析医療を患者様に提供することを心がけています。

当院人工透析室の特徴は慢性腎臓病(CKD)の時期から透析室ナースによるCKD教育を行っていることです。透析が必要になった場合には患者さんに血液透析あるいは腹膜透析を選択していただき治療を行いますが、保存期から透析室ナースが関与することは患者さんの心理面でのサポートにとって有効です。

腹膜透析の最大の特徴は血液透析に比べ、透析導入後も比較的長期間、尿が出るということです。残存腎機能を維持するという視点から「PDファースト」という腹膜透析から透析を開始する方法があることも患者さんにご提示させていただいております。また、一般に腹膜透析の方が治療生活のQOLが高いとも言われています。腹膜透析、血液透析ともに長所、短所があり、それらをお互いに補うような治療法としてPDHDハイブリッド療法と呼ばれるものがありますが、当施設でもこの治療法に対応しています。

透析専門医取得を目指す医師だけでなく、透析療法指導看護師や透析技術認定士の取得を目指す看護師、臨床工学技士の教育も行います。

4.設備概要

日本透析医学会専門医認定施設、日本腎臓学会研修施設
透析ベッド数:12床(内感染症用1床)

5.スタッフ

img

医師:腎臓内科医3名(透析専門医、指導医を含む)
看護師:8名
臨床工学技士:5名