災害拠点病院とは

 当院は、厚生労働省の指定要件により、二次医療圏に原則1カ所の災害拠点病院(地域災害医療センター)として指定されています。
災害拠点病院とは、日本において、地震・津波・台風・噴火等の災害発生時に災害医療を行う医療機関を支援する病院のことです。各都道府県の二次医療圏ごとに原則1カ所以上整備されています。
 下記(1)、(2)の要素が備わった地域医療救護活動における中心的な役割を担った24時間緊急対応が可能な病院です。

災害拠点病院とは、災害(自然災害、事故、テロなど)時に、
(1)多数傷病者の受け入れ体制を有し、同時に広域搬送機能が整備されています。

[機能と活動]
 限られた人的、物的資源の中で最大多数の傷病者の診療に最善を尽くし(トリアージ)、スムーズに治療に移行でき、また、活動拠点本部や、広域搬送拠点臨時医療施設(SCU;Staging care unit)を設営し、広域災害救急医療情報システム(EMIS;Emergency Medical Information System)を用いた正確な状況、情報確保により組織的な搬送などの活動も行います。

(2) 救命医療を行う高度診療機能と、自己完結型災害医療班の派遣機能(DMAT;Disaster Medical Assistance Team)を併せ持っています。
[機能と活動]
 多発外傷や、挫滅症候群、広範囲熱傷などの災害時に多発する重篤救急患者の救命医療を行うための救命救急センター医師を中心とした複数診療科による集学的な高度診療機能、設備、医療スタッフが確保されています。
 被災地域内で病院機能活動が可能であれば、多数傷病者受け入れ体制のもと傷病者の診療に最善を尽くし、さらに、院内傷病者の対応も行います。
 一方、被災地域外であれば、災害現場から搬送され、さらに広域搬送を要する傷病者の全身状態の安定化治療や家族対応、広域搬送カルテの作成といったSCU活動や、最終収容施設として精密検査や手術、集中治療、透析などの高度な根本治療を提供します。  
 同時に、被災者の生命を守るため、被災地に迅速に駆けつけ、救急活動を行うための専門的な訓練を受けた医療チーム(DMAT)の派遣機能を有しています。

近畿大学奈良病院DMAT隊員
医師
  尾鼻 康朗、鷹羽 浄顕、二川 晃一
  肥田 仁一
看護師
  辻谷 太、加藤 宏樹、森田 彩、金城 優佳
  山﨑 賢太郎、橋本 賀幸、橋本 真季
  西村 宗二郎
業務調整員
  岡本 広世、田花 永久、古川 卓也、亀田 啓介
  西辻 冬馬、小山 和彦

DMAT活動報告

・平成25年5月29日~6月1日 神戸市の兵庫災害医療センターで開催された「平成25年度
第1回災害派遣医療チーム(DMAT)養成研修」に参加。
日本DMAT隊員認定試験が実施されました。試験はDMAT活動全般に関する知識を問う筆記試験、EMISの入力技能やトランシーバーを用いた通信技能を確認する実技試験、および「医師」「看護師」「業務調整員」の担当ごとに別れての専門試験が実施されました。平成25年5月29日 奈良県とDMATの派遣に関する協定を締結。今後、県からの要請があれば、24時間体制で出動していくこととなります。

img

DMAT関連書籍

img

DMAT訓練の様子


・平成25年8月31日 奈良DMATとして「平成25年度政府広域医療搬送訓練」に参加。この訓練は、平成25年度総合防災訓練大綱に基づいた政府主幹による広域防災訓練であり、8月31日(土)AM8:00に南海トラフ大地震が発生したという想定のもと、被災県である愛知県、三重県及び和歌山県を中心とした全国的な広域医療搬送に関する訓練が実施されました。

img

訓練経過記録

img

訓練の想定内容


・平成25年10月14日~10月16日 岩手医科大学において開催された「第1回 日本災害医療ロジスティックス研修」に参加。災害医療ロジスティックスに関わる基礎・通信・連携の学習および実践訓練を中心とした研修が実施されました。特に実践訓練は、ロジスティックスとしての能力の向上を目的として、派遣目的地までの円滑な移動、衣食住の確保から始まり、各拠点での本部立ち上げと衛星電話等による通信手段の確立、拠点現地責任者からの情報収集と活用、および他組織への連携・協働等の訓練を24時間にわたって行う本格的な訓練となりました。

img

DMAT訓練の様子


・令和元年11月30日 令和元年度近畿地方DMATブロック訓練に、医師1名、看護師2名、業務調整員2名のチームで参加。活動拠点本部との連携、EMISによる情報収集、登録などの訓練と、実地として患者搬送支援のシミュレーション活動を行ないました。今回の訓練では、病院支援を担当しましたが、支援する病院との良好なコミュニケーションによる情報収集と適切な要支援情報を上部本部へ報告する手順や、土地勘の無い場所での活動の困難さを体験しました。今後もこのような訓練に参加することで、DMATとしての技能向上を図る所存です。

img

DMAT隊員