地域がん診療連携拠点病院としての活動

がんセンターとは

 高齢化社会を迎えた現在、悪性腫瘍の治療は国民的課題となってきました。
「がん」の対策は (1) 予防・早期発見 (2)治療 (3) 緩和医療 に分かれますが、いずれの分野も大きく発展してきました。
それは、個々の治療方法の発展のみでなく、以下の点が大きく進化したのが最近の特徴といえます。

    1. 1) 説明と同意(インフォームドコンセント)
    1. 2) 患者の自己決定とセカンドオピニオンの推進
    1. 3) 最適治療の標準化・均てん化
    1. 4) 客観的な根拠のある治療の推進(EBM: evidence based medicine)
    1. 5) 集学的治療・チーム医療の推進
    1. 6) 低侵襲治療と QOL (Quality of Life) の重視
    1. 7) 最新治療の積極的な導入と臨床試験
    1. 8) 情報開示
    1. 9) 治療における倫理の重視
    1. 10) がん登録
    1. 11) 緩和医療

近年のがん医療は、1日でも長い生命を目指すばかりではなくQOL をも重視し、治療を患者自身が選びそれを客観的に評価する、という方向へ大きな変革をとげました。
すなわち「がんセンター」とは、かつて各科で個別に行っていた治療を、上記の視点から統括する大きな部門です。当院がんセンターも、チーム医療としてがん診療を実行し、状況にあわせた最適な治療を目指すための組織です。したがって、医師・看護師・薬剤師・ソーシャルワーカーなどを含む多くの職種ががんセンターを構成しています。

がんセンター長よりご挨拶

 がんセンター長 木村 豊           センター長

 現在、日本人の2人に1人ががんを患い、3人に1人ががんのために命を失います。ですからがんは非常に身近な病気でまさに国民病とも言えます。国もその重大性を認識し、がん対策の充実を図るため、2006年にがん対策基本法を制定し、がん対策に取り組んでいます。2017年から2022年までの6か年で第3期がん対策推進基本計画を策定し、「がん患者を含めた国民が、がんを知り、がんの克服を目指す。」ことを目標に掲げています。
 当院でも、その基本方針に則り、がんセンターを中心に「高度な専門医療」、「多職種によるチーム医療」、「地域のかかりつけ医との連携診療」を3つのキーワードにして、がんの克服のための様々な取り組みを行って、がんの患者さんとそのご家族をしっかりとサポートします。

1. 高度な専門医療

 肺がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、乳がん、子宮がん、白血病(血液のがん)など体のあらゆるところにがんはできます。がんの広がりや転移の有無などによって進行の度合い(ステージ)も様々です。治療法には、内視鏡治療、手術から化学療法(抗がん剤治療)、放射線治療などがあり、それらを組み合わせた集学的治療を行うこともあります。そういったがんを正しく診断して適切に治療するためには高度な専門性が必要となります。当院では、それぞれのがんの専門医や外科医、腫瘍内科医、放射線治療医、病理診断医などがんに関わる医師が一堂に会するキャンサーボードを毎週定期的に開いて、診断や治療法について議論を行い、最善の高度専門医療を提供できるように努めています。


2. 多職種によるチーム医療

 国民の2人に1人ががんを患う国民病だといっても、ご本人やご家族の方ががんと診断されたら、がんの進行の程度に関わらず、つらい思いになるのは当然です。当院では、がんと診断された時点から患者さんとそのご家族を、医師だけでなく看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、社会福祉士、事務職員などチームで支援する体制を整えています。がんの治療を安全に、安心して受けていただくためには患者さん・ご家族を中心とした多職種によるチーム医療が非常に大切です。当院では、がん診療においてチーム医療を実践して、初診から退院後まで患者様やご家族の精神的あるいは社会的なサポートを継続して提供できる体制を整えていますので、安心してお任せください。また、がんについて疑問点、質問、ご希望、悩み事などがあれば、がん相談支援センターにいつでもご相談ください。

3. 地域のかかりつけ医との連携診療

 高齢化社会の進展とともに高齢のがん患者さんも増加し、多くの患者さんは糖尿病、心疾患、呼吸器疾患など慢性疾患を患って地域の医療機関を通院されています。そういった患者さんの治療においては、治療前から地域のかかりつけの先生と連絡を取り合いながら、がんの専門的な治療をすることになります。術後には、かかりつけの慢性疾患の主治医の先生、がんの治療の主治医とあたかも二人の主治医がいるように密に連携しながら診療してまいります。がんの治療だけでなく治療中の内科的なご病気の継続も大切ですので、地域のかかりつけの先生とスクラムを組みながら、がんの克服に貢献していきます。

▲がんセンターTOPページに戻る