キャンサーボード

藤井 晶

img 院内勉強会の1つ、キャンサーボードについてお話しします。
ご存知の方も多いと思いますが、キャンサーボードでは、内科系医師・外科系医師・放射線科医・病理医・がん専門看護師などが一堂に会し、治療方針に難渋するがん患者さんについてのディスカッションを行います。また、興味深い症例については、私たち研修医が順番に症例報告を行っています。

 

今回は、私が1年目の時に実際に担当した悪性疾患の患者さんについて発表しました。

 

ところで・・・皆さんは発表ってお好きですか??

正直私は・・・大の苦手です!!
学会や地方研究会など様々な発表の機会を頂きましたが、知らない人の前でプレゼン・ディスカッションをするのはとっても緊張してしまいます。

 

当院は各科の垣根が低く、どの科の先生方も気軽に声をかけて下さるような研修医に温かい病院です。・・・ですが、やはり発表となると凄く緊張しました。
最初は緊張で頭が真っ白でしたが、先生方が気軽に質問を下さったお陰で、少しずつ自分なりの話し方を見つけることが出来ました。
何より外科や内科・放射線科など様々な分野の先生方に来て頂き、色々な考え方や意見を聞けたのが、凄く良い勉強になりました。
発表が終わってからも、スライド作成や話し方について色々教えていただけました。

 

正直初めは『・・・発表気が重いなぁ』と思っていたキャンサーボードでしたが、終わってみると凄く自分の身になることが多く、とても良い経験でした。
今後も学会や地方研究会など様々なところで発表する機会があると思いますが、この経験を活かして頑張ります!!
最後に・・・この場をお借りしまして、お忙しい中ご参加下さいました先生方、本当に有難うございました(^0^)/

img