放射線科(腫瘍部門)

責任者・診療部長 岡嶋 馨 教授

①診療科の特徴と診療内容

診察している特殊(専門)疾患

  • 前立腺癌、頭頚部癌など
    IMRT(強度変調放射線治療)を含む、高精度放射線治療
  • 早期肺癌
    SRTを含む高精度放射線治療
  • 頭頚部、子宮癌など
    手術や化学療法と放射線治療の組み合わせによる、治癒率の向上、切除率の向上、縮小手術の可能性の向上
  • 乳癌
    乳房温存療法
  • 子宮癌
    動脈内化学療法、放射線治療
  • 緩和医療
    骨転移などに対する疼痛制御、その他

②外来診療日一覧

○…初診・再診とも診療 □…初診のみ診察 △…再診(予約)のみ診察 ― …休診 

③スタッフ紹介

担当医師案内

担当医師 AM PM
福田・大熊 大熊・井上
福田・井上 福田・井上
岡嶋・福田 岡嶋・福田
岡嶋・大熊 岡嶋・大熊
岡嶋・井上 大熊・井上

診察スタッフ

担当医師 専門分野 専門医資格
岡嶋 馨 放射線腫瘍学 日本医学放射線学会放射線治療専門医・研修指導者
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
核医学会専門医・PET核医学認定医
消化器内視鏡学会専門医
乳癌学会乳腺認定医、マンモグラフィ読影認定医
福田 浩平 放射線腫瘍学  
大熊 康央 放射線腫瘍学 日本医学放射線学会放射線治療専門医
井上 恵理 放射線腫瘍学  

④診療件数

2020年1月~12月の診療件数

科目 内容 件数
外部照射 頭頚部 31
  49
  乳腺 87
  食道 12
  直腸 7
  前立腺 54
  婦人科腫瘍 8
  造血器腫瘍 17
  そのほか 34
  (計) 299
     うち、強度変調放射線治療 87
     定位照射 16
     全身照射 4
アイソトープ内用療法 Ⅰ-131内用療法等 6

⑤トピック

放射線治療の話題 1  定位放射線治療について

  • 定位放射線治療とは、小さい範囲に放射線を多方向から集中させる治療です。
    保険適応: 脳腫瘍、原発性肺がん、肝がん、腎がん、前立腺がん、膵がん, および転移性肺腫瘍、肝腫瘍
  • 身体に優しいので高齢者に可能な場合も多く、手術に匹敵する効果を示すことも珍しくありません。(最高91歳の方にも行いました。)
  • 図は肺腫瘍に対する体幹部定位放射線治療の1例

図1: 6方向から細いX線ビームを
腫瘍に集中させています。

図2: 放射線の分布図
(赤い部が高線量の領域)

図3. 定位照射後の変化の一例(は肺がん )

放射線治療の話題 2  強度変調放射線治療(IMRT:Intensity Modulated Radiation Therapy)について

img
  • 強度変調放射線治療は、従来の放射線照射方法より柔軟に照射する領域・形状をコントロールできる照射技術を用いた治療方法です。
    これにより、正常組織への放射線照射を抑えることができ、合併症のリスクが低下します。
  • 照射対象と正常組織・臓器が近接する疾患でよく用いられます。
    例:頭頚部がん 前立腺がん など
  • 当院では年間80-90件、実施しています。
  • 左画像は中咽頭がんに対して行われたIMRTの放射線の分布を表したものです。
  • 放射線を治療対象である咽頭およびリンパ節へ照射する一方で、耳下腺および口腔、脊髄への被ばくを低減しています。

放射線治療の話題 3  集学的治療について

  • 集学的治療とは、手術や化学療法と組み合わせることによって、治療効果を高めるとともに手術侵襲や放射線量を低減することです。
  • 当院では、乳腺腫瘍カンファレンス、頭頚部腫瘍カンファレンス、胸部腫瘍カンファレンスによって、各領域の専門家が相談して方針を決定するシステムをとっています。
  • 代表的な例
    (1)乳がんにおける乳房温存療法: がんの部分だけを取り除き、残存する乳房に放射線治療を行う治療です。治療効果は大きな手術と同等で、美容的には優れているので標準治療のひとつです。
    (2)頭頚部腫瘍(咽頭がんなど)における縮小手術と、化学放射線治療: 手術単独あるいは放射線治療単独であれば、効果に限界があるうえに大きな合併症を残す場合が多いです。近年は治療を組み合わせることが必須です。
    (3)肺がん: 手術のみで不十分な場合、リンパ節腫大がある場合、あるいはふたつめの肺がんの場合など、組み合わせる治療が有効です。
    (4)悪性リンパ腫: 特にホジキンリンパ腫の場合、化学療法も放射線治療も合併症が問題となっていましたが、近年ではより少ない化学療法、量の少ない放射線治療を組み合わせることが標準です。

放射線治療の話題 4  放射線治療を用いた緩和治療について

img
  • 放射線治療は、緩和治療でもよく用いられます。
  • 腫瘍による症状を軽減、解消することを目的に実施されます。
    (骨転移による疼痛、腫瘍増大に伴う脊髄圧迫や疼痛など)
  • 骨転移による疼痛の場合、治療効果は疼痛緩和率が72-74%、疼痛消失率が28-30%というデータもあります。
  • 鎮痛薬の使用量を減らせたり、神経圧迫による麻痺を回避できる場合があります。
  • 生活の質:QOL(Quality of Life)の維持、向上に貢献する治療です。

⑥検査機器について

直線加速器リニアック(varian社、CLINACiX,6/10MV)

img

世界で広く使われ、4000台以上が稼働してきた放射線治療装置です。定位照射、IMRT、IGRT等の最新技術まで対応しています。当院では通算3000症例以上の実績があります。

⑦部長から一言

img
岡嶋 馨

放射線治療は21世紀になって急速に進歩しました。それは画像医学と照射技術の革命的な発展によるところが強調されています。

しかし本当に進歩したのは機械や技術のことではなく、ご本人の健康と人生にとって何が大切か考える過程です。放射線治療においては、手術などとの最適な組み合わせ、侵襲が少ない治療の探求、科学的根拠に基づく治療、などを通してご本人の人生に寄与する方法を模索しております。