循環器内科

 

責任者・診療部長 城谷 学 教授

お知らせ

 初めて受診される場合
かかりつけ医がいらっしゃる場合は、これまでの病状の把握が診療上重要ですので、その医師からの診療情報提供書(紹介状)を持参いただきますようお願い申し上げます。この場合、紹介元の医療機関を通じて予約枠を決めさせて頂いております。

診療案内

 循環器内科では心臓の病気(狭心症、心筋梗塞、心不全、不整脈、弁膜症、心筋症など)や血管系の病気(高血圧、閉塞性動脈硬化症、大動脈瘤、大動脈解離、静脈瘤、肺動脈疾患など)を担当しています。救急治療を要する循環器疾患の救急は、24時間体制で受け付けます。

外来受付

●平日(月~金曜日)午前8時30分~午前11時30分
●土曜日       午前8時30分~午前11時(初診のみ)
●日・祝祭日・年末年始・創立記念日(11月5日)は休診

再診の場合 …受診時に予約枠をお取りいただいております。
症状があり緊急で受診が必要な場合
… 新規受診、再診にかかわらず、24時間、いつでも来院ください。 時間外は心臓系当直医師が診察を担当致します。
スタッフ … 常勤医師10人。

部長挨拶

 心臓、血管系の病気に対して、迅速な診断と治療を行うために、心臓血管外科と協力して24時間対応します。カテ-テルを利用して、胸を開くという手術を受けることなく、冠動脈疾患や不整脈に対処できるインターベンション治療に力を入れています。急性心筋梗塞のリハビリをプログラムに従って施行し、安全に早期退院していただけるよう努めております。診断、治療について、詳細な説明を行い、開かれた診療を目指しています。

診療実績

担当医紹介

氏名 専門分野 専門医資格
城谷 学 心血管カテーテル治療 日本循環器学会循環器専門医、日本内科学会指導医・認定内科医、日本心血管インターベンション治療学会指導医・専門医・認定医、浅大腿動脈ステントグラフト実施医
横田 良司 不整脈・循環器内科一般 日本循環器学会循環器専門医、日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本高血圧学会指導医、                   日本不整脈心電学会不整脈専門医
東儀 圭則 虚血性心疾患、循環器内科一般 日本循環器学会循環器専門医、日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
上森 宜嗣 虚血性心疾患、不整脈、循環器内科一般 日本循環器学会専門医、日本内科学会認定内科医
石川 千紗都 虚血性心疾患、心エコー、循環器内科一般 日本循環器学会循環器専門医、日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
太居 洋平 虚血性心疾患、不整脈、循環器内科一般 日本循環器学会循環器専門医、日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本不整脈心電学会認定不整脈専門医
大江 健太郎 循環器内科一般 日本循環器学会循環器専門医、日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本心臓リハビリテーション学会心臓リハビリテーション指導士、日本心血管インターベンション治療学会認定医
杉谷 勇季 循環器内科一般

特長・特色

  1. 循環器疾患の救急に対して、心臓血管外科とチームを組み、24時間対応
  2. 冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)に対して、カテーテルを用いた冠動脈形成術(PTCA、いわゆる風船療法)やステント留置治療(金網による血管拡張)
  3. 不整脈に対するアブレーション治療(不整脈の原因となる部位の焼灼)
  4. 診断、治療について、詳細な説明
  5. 冠動脈造影画像のコピーの提供(御希望があれば動画のCDもお渡しします。)

各種疾患への治療

●高血圧
食事(塩分制限)、運動療法を行い、降圧が不十分な場合、薬剤治療。
●狭心症
病態に応じて、(1)薬剤治療、(2)冠動脈形成術(PTCA)、ステント留置など、(3)バイパス手術から選択、または組み合わせて治療。
●急性心筋梗塞
緊急に冠動脈造影を行い、冠動脈形成術(PTCA)やステント留置。重症者に対しては、大動脈内バルーンポンプ(IABP)や経皮的心肺補助装置(PCPS)を使用。
●四肢動脈・腎動脈の狭窄・閉塞病変
冠動脈形成術と同様、針で穿刺を行い、血管内治療(バルーン拡張やステント留置)を行います。
●心不全
薬剤による治療が基本。心不全の原因によっては、それを是正するために冠動脈形成術(PTCA)や手術。両心室ペースメーカー移植術(心室再同期療法)
●徐脈、徐脈性不整脈
永久ペースメーカーの植え込みを局所麻酔下に行います。
●頻脈性不整脈
薬剤抵抗性の場合は、アブレーションにより、原因となっている電気経路や部分を断ち切る治療。埋込型除細動器移植術
●大動脈瘤、大動脈解離
病変の大きさ、部位に応じて、薬剤治療、または手術(スラントグラフト内挿術を含む)

実施している検査と検査機器について

6チャンネル心電計
循環器疾患の基本的検査です。心臓の状態を把握するのに有用です。
ホルター心電計
心電図を24時間記録します。不整脈や狭心症の診断に用います。
脈波検査(CAVI)
四肢の脈波の解析から、動脈の硬化度を評価するとともに、四肢の血管の血流障害を知ることができます。
トレッドミル(運動負荷心電図検査)
動くベルトの上を走っていただき、心電図変化を調べます。狭心症の診断に有用です。
心臓エコー
心臓の筋肉の収縮、弁の働き、血流の様子を調べます。
心臓アイソトープ検査
種種のアイソトープを用いて、心臓の血流や筋肉の評価を行います。
X線CT検査
マルチスライスCTにより、冠動脈の狭窄の有無、左心室の収縮機能、左心房の構造を解析、評価します。
MRI検査
心臓MRIでは、左心室の縮小機能、肥大の種類や程度、弁膜症による異状の血流、またMRAにより、腎動脈や下肢動脈における狭窄の有無を評価し
ます。これらは造影剤の注射を必要としません。さらに造影剤(ガドリニウム)を用いれば、心筋への血流の異状や、心筋障害の範囲を知ることができます。
心臓カテーテル検査
体の外からカテーテルという細長い管を血管の中へ進め、冠動脈や心臓内部の働きを調べます。
電気生理学的検査
不整脈の原因を調べるため、体の外から先端に電極がついたカテーテルを心臓の中へ進め、心臓内部の電気の流れを記録します。

院内施設・設備

CCU(コロナリーケアユニット)
心臓、血管系疾患重症者を収容して治療。血圧、心電図などをブラウン管表示させ、監視します。
心臓、血管撮影装置
冠動脈や心臓、大動脈・四肢動脈等の造影に使用します。2方向同時に撮影が可能なバイプレーン装置です。情報はデジタル画像として動画サーバーに記録、保存されます。
大動脈内バルーンポンプ装置(IABP)
大動脈内でバルーンを拡張、収縮させ、心臓の働きを補助する装置で、心機能が低下している場合に使用します。
経皮的心肺補助装置
ショックなど心臓の働きが極めて不良な場合に装着し、心臓と肺の働きを一部肩代わりします。