消化器内科

 

責任者・診療部長 川崎 俊彦 教授

診療案内

 消化器内科では、食道・胃・十二指腸・大腸・肝・胆・膵などの消化器疾患一般担当しています。

外来受付

●平日(月~金曜日)午前8時30分~午前11時30分
●土曜日       午前8時30分~午前11時(初診のみ)
●日・祝祭日・年末年始・創立記念日(11月5日)は休診

待ち時間 …予約制を採用しており、予約優先で診察を進めさせて頂いております。
予約制 …基本的には再診は予約制です。
紹介状 …紹介状があれば事前予約できます。初診は可能な限り紹介状を持参してください。
スタッフ …常勤医師9人、非常勤医師2人。

部長挨拶

 消化器疾患は範囲が広く上部消化管、下部消化管、肝胆膵と多種にわたっております。当科では、胃癌・大腸癌などの内視鏡的診断・治療、上部消化管出血に対する止血、胆道系の閉塞に対して内視鏡的ドレナージ、ステント留置を含めた胆膵の診断・治療、各種肝疾患の診断と治療、造影エコーなどによる肝癌の診断と治療を行っています。

診療実績

担当医紹介

日本内科学会認定内科医​

氏名 専門分野 専門医資格
川崎 俊彦 肝疾患の診断治療、門脈血行動態、肝胆膵疾患、上部下部消化管 日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会指導医・消化器病専門医、日本肝臓学会指導医・肝臓専門医、日本超音波医学会超音波指導医・超音波専門医、日本消化器内視鏡学会指導医・専門医
水野 成人 胆膵疾患の診断・治療、消化管疾患、肝疾患 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本消化器病学会消化器病専門医・指導医、日本医師会認定産業医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本肝臓学会肝臓専門医、日本胆道学会認定指導医、日本膵臓学会認定指導医
工藤 正俊 肝疾患(特に肝癌の診断と治療) 消化器病専門医、肝臓専門医、超音波専門医、消化器内視鏡専門医、漢方専門医、核医学専門医
木下 大輔 消化器疾患一般
橋本 有人 消化器疾患一般 日本内科学会認定内科医
福永 朋洋 消化器疾患一般 日本内科学会認定内科医
河野 辰哉 消化器疾患一般
半田 康平 消化器疾患一般 日本内科学会認定内科医
米澤 真衣 消化器疾患一般
野村 健司 消化器疾患一般
江川 信一 消化器疾患一般 日本内科学会総合内科専門医、消化器内視鏡専門医

特長・特色

  1. 消化管内視鏡的診断および上部消化管出血に対し、症例に応じた止血術を行っています。食道静脈瘤に対して結紮術(EVL)、硬化療法(EIS)を行っています。また、早期癌や腺腫に対する内視鏡下での粘膜切除術(EMR)、粘膜下層剥離術(ESD)や、ポリープに対して内視鏡的ポリペクトミーを行っています。また、超音波内視鏡を用いた診断も行っています。ESDは年間約70例施行しています。
  2. 肝疾患ウイルス性肝炎に対する診断・治療やインターフエロン療法・自己免疫性肝疾患に対する診断と治療を行っています。特に最新のインターフェロンフリーの内服剤による治療は外来で実施可能であり、患者さんに好評です。また、肝癌に対しては造影エコー法を含めた早期診断と肝動脈塞栓術・ラジオ波焼灼療法などによる治療を行っています。特に血管造影は年間約120例、ラジオ波焼灼は年間約60例実施しています。
    当院では、すべての肝炎ウイルス検査陽性の方に専門医の先生方の診察を受けていただくことを目標とし、「肝炎ウイルス検査陽性者専用の診療情報提供書」をご用意しております。
    必要最低限の検査項目、記入内容で紹介いただくことが可能です。
    一人でも多くの肝炎ウイルス検査陽性患者が専門医受診につながるよう、ぜひご活用ください。
    診療情報提供書(C型肝炎・B型肝炎診療連携用)様式ダウンロード
  3. 胆膵胆石症や胆道系腫瘍、膵腫瘍、慢性膵炎などの診断に対して内視鏡的膵胆管造影(ERCP)による診断および胆道ステント留置術;ドレナージ術,乳頭切開術や胆石除去を行っています。ERCPは年間200例以上実施しています。