小児外科

 

責任者・診療部長 米倉 竹夫 教授

診療案内

 小児は大人の体をただ小さくしたものではありません。例えば小児におきる病気は大人におきる病気とは異なる特殊性があります。また小児の体や臓器にも大人とは違った特徴(働きが未熟であることなど)があります。小児の手術治療では小さく脆弱な体や大切な臓器を直接扱うことのほか、手術治療を支える薬物・点滴治療や検査におけても小児の特徴を考慮して行うことが必要です。さらに先天性の非常に特殊な病気や将来の発達までも考慮しなければならない病気が多いため、小児を専門とする外科、すなわち小児外科が必要となります。
近畿大学奈良病院小児外科では心臓外科・脳神経外科・整形外科の病気をのぞいた手術を要する小児の病気(消化器、呼吸器、泌尿器、ヘルニアなど)の治療を行っています。そして病気やお子さんの状況に応じて、その後の成長や長期的なQOL(生活の質;クオリティーオブライフ)を考慮した診療を目指しています。
また重症心身障害児(者)に対してもQOLの向上を目指した外科治療を行なっているほか、慢性便秘症や夜尿症など手術を必要としない病気の治療、さらには胎児診断も行うなど、幅広くお子さんの病気に対応しています。
当院は日本小児外科学会の認定施設です。さらに奈良県の小児3次救急の受け入れ施設です。 

                                        (診療部長・教授 米倉 竹夫)

外来受付

●平日(月~金曜日)午前8時30分~午前11時30分
●土曜日       午前8時30分~午前11時
●日・祝祭日・年末年始・創立記念日(11月5日)は休診

●緊急、救急の処置が必要な場合は、24時間対応いたしますので、御連絡下さい。

■初診・再診(受付時間) 外来担当医
月曜日(8:30~11:30) 初診のみ
火曜日(8:30~11:30) 初診・一般外来(再診)
水曜日(8:30~11:30) 初診のみ
木曜日(8:30~11:30) 初診・一般外来(再診)
金曜日(8:30~11:30) 初診のみ
土曜日(8:30~11:00) 初診・一般外来(再診)
※受診される際はできるだけ事前に予約をお取りください(予約がなくとも診察いたしますが、待ち時間が長くなることがあります)。
※月曜日・水曜日・金曜日   手術日
■特殊外来
火曜日(13:00~16:00) 重症心身障害児(者)外来
水曜日(13:00~17:00) 胎児診断外来
水曜日(14:00~17:00) 消化器泌尿器特殊検査外来
木曜日(14:00~17:00) 重症心身障害児(者)外来
土曜日(10:00~11:30) 直腸肛門内圧検査

※特殊外来は上記以外の枠でも診察することがあります。
※消化器・泌尿器特殊検査外来と重症心身障害児(者)外来は、原則としてまず一般外来を受診していただいてからの予約となります。

  1. 胎児診断外来
    各種診断技術の進歩により胎児期に赤ちゃんの病気が発見できるようになりました。生まれてすぐに手術治療が必要となる病気の内、少なくとも半分以上は胎児期に診断が可能です。出生前診断に基づいて胎児期から周産期管理を行うことは、治療が必要な赤ちゃんの治療経過や結果を改善させることにつながります。
    ●対象:他院または当院の産婦人科からの診察依頼をうけた患者様(他院からの場合は紹介状が必要です)
  2. 消化器・泌尿器特殊検査外来
    消化器(胃腸)の働きを調べる検査(消化管造影検査、消化管内圧検査、PHモニターリング検査など)を行います。また泌尿器(腎臓、膀胱などの尿路系)の造影検査、アイソトープ検査を行います。
  3. 重症心身障害児(者)外来
    重症心身障害児(者)の生活の質(クオリティーオブライフ:QOL)向上を目指した外科的な処置や処置後の経過をみます。

担当医紹介

氏名 専門分野 専門医資格
米倉 竹夫 胎児診断治療、新生児外科手術、呼吸器外科手術、腹腔鏡・胸腔鏡下手術、小児悪性固形腫瘍の集学的治療、小児泌尿器外科 日本小児外科学会専門医、日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医、日本小児泌尿器科学会専門医
石井 智浩 小児外科一般、新生児外科、小児気道外科、小児移植外科、国際医療協力 日本外科学会専門医、日本小児外科学会専門医 
山内 勝治 小児外科一般、新生児外科、小児消化管機能障害、小児病理、小児泌尿器外科、小児救急、重症心身障害外科 日本小児外科学会専門医、日本外科学会専門医、日本小児泌尿器科学会専門医
木村 浩基 小児外科一般、新生児外科、小児外科代謝学
中畠 賢吾 小児外科一般、新生児外科、小児悪性固形腫瘍の集学的治療 日本外科学会専門医、日本小児外科学会専門医、(米国留学中)

■連絡先

近畿大学奈良病院  〒630-0293 生駒市乙田町1248-1
電話連絡:0743-77-0880(代表)
受診に関するお問い合わせは、E-mailでも受け付けています。
E-mail:infonara@med.kindai.ac.jp

 

特長・特色

  1. 主な手術
    新生児・小児の呼吸器・消化器外科疾患
    小児泌尿器外科疾患、小児悪性固形腫瘍(小児がん)小児良性腫瘍の治療(血管腫やリンパ管腫)
  2. 負担の少ない、傷をなるべく残さない手術
    皮膚を大きく切らない手術(胸腔鏡下手術、腹腔鏡下手術などの鏡視下手術)を積極的に行い、手術に対する患者さんの負担の軽減を図っています。さらに鏡視下手術以外でもなるべく身体に傷が残らないような手術を心掛けています。
  3. 小児悪性固形腫瘍(小児がん)治療
    小児がんの治療は手術だけではなく、抗癌剤治療や放射線照射などを適切に組み合わせて行う(集学的治療と言います)ことで最善の治療結果が得られると考えられています。当院では小児外科が主体となり関係科と連携しながら小児がんの集学的治療を行っています。
  4. 小児ヘルニアセンターと日帰り手術:対象疾患
    ソケイヘルニアや体表の小手術では、手術当日に退院できるような体制になっています。
  5. 胎児診療
    胎児超音波検査・胎児MRI検査にもとづいた胎児の病気の出生前検査を行っています。
    また、胎児期に病気の憎悪を認める患児に対しては、胎児診療も含めた周産期管理を行っています。
  6. 特殊検査・治療
    消化管内視鏡、気管・気管支内視鏡検査(呼吸器外科疾患の診断と治療)
    尿道・膀胱鏡検査(泌尿器疾患の診断と治療)
    消化管内圧検査
    (胃食道逆流症・食道アカラジアの診断、慢性便秘・ヒルシュスプルング病の診断)
    携帯型24時間食道pHモニター(胃食道逆流症の診断)
    呼吸器外科疾患に対するレーザー治療
    異物の誤嚥・誤飲に対する内視鏡下異物摘出
    新生児重度呼吸不全症例に対するNO吸入療法、ECMO(人工肺)治療
  7. 小児救急
    小児3次救急を365日24時間体制で行っています。
  8. その他
    新生児・重症症例はドクターカーで搬送いたします。

■関連リンク

日本小児外科学会
http://www.jsps.gr.jp/

日本小児救急医学会
http://www.convention-axcess.com/jsep/